7年7ヶ月の旅

時間がかかった。。。。  だがなんとか終えた。 長い旅だった。

2006年の5月30日に届いたこの本、「えんぴつで奥の細道」  もう流行っていないだろうな。 あの頃こういうのが流行って、これを持って芭蕉の道をたどって旅行する人達もいたらしい。  私は字を書くのが好きなので始めたのだけれど、これがなかなか良い。  字を書くのって落ち着く。  お手本をなぞるのだけれど、大迫閑歩先生の字が本当に綺麗。 一章一章終わるたびに、綺麗な文字をみて大満足。 この本1冊終わる頃には本当にこんなに綺麗に書けるようになるのではないか?と思ったけれど、残念ながらそれはなかった。。

photo 2 photo 1最初の頃は毎日1章~3章ぐらい調子よく書いていたけれど、なかなか毎日は続けられず、時々書きたいな~~と思ったときにだしてやってみたり、 途中1年以上放ったままになっていたりで長い年月がかかってしまった。

でも、やりたい時にやっていたので、長くかかっても最後の旅までたどり着けた。 本当はえんぴつを使うのだけれど、私はサインペン、それも黒だけじゃなく、紫やら、ピンクやら、その時の気分に合わせていろいろ使ってみたので、なかなか綺麗な本に仕上がったと思う。   最後は岐阜県の大垣で終わる。 そこから伊勢神宮の遷宮に参るために舟に乗るところで終わっている。  去年私も、神宮の遷宮の年にお伊勢参りをしたので、ちょっとうれしい。   7年7ヶ月の長い旅だった。

広告

2014年になりました!

明けましておめでとうございます。 本年もよろしくお願いします。

とは言っても、今日はもう1月16日。  またブログを豆にアップするぞと思ったのに、やっぱり続かない。。。 どうもFace Bookで気軽に近況報告になってしまう今日この頃みなさん如何お過ごしですか? (キッコさん風 古い?)

日本はもう17日。 阪神大震災から19年経つのですね。  カリフォルニアのノースリッジの地震からは20年。  ニュースでも当時の写真を出したりしているので、あらためて地震の怖さを感じます。

今年に入って、南カリフォルニアは異常な気候です。 今日も30度C近くもあります。 外は生温い風が吹いていて、半袖じゃないと暑い! こういう日が何日も続いていたので、今朝はとうとう、皆が恐れていた山火事が発生してしまいました。  全然雨も降らないでこの夏のような気候、プラス強風。  あっという間に家が焼かれてしまった人たちはどんな想いでいるのでしょうか?

やはり、冬は寒くて、コートにブーツをオシャレに着こなしたい季節。 このまま冬を通り越して、春、夏になるとは思えないけれど。。。。 I hope….

OLYMPUS DIGITAL CAMERAところで、去年の11月、厳島神社に行ってきました。 やっと行ってきました。  やっぱりいいな日本。 やっぱりいいな神社。

今年(2013年)は広島の原爆資料館と原爆ドームを見なくては!という衝動にかられ、広島に行くことに決めました。 どうせ広島に行くのなら、前から行きたかった宮島へということになったわけです。   その後は、伊勢参りというちょっと強行贅沢旅行。

神社の空気、エネルギーが本当に好きです。 なんというのか、あのピリッとしたというか、すがすがしいというか、ボキャブラリーの少ない私には上手く表現できませんが、とにかくあの感じが大好きです。 空気ちがうよね、神社。

おばあさんになったら、神社で働きたいな~って思うくらいです 笑  お掃除でいいからどこかの神社で雇ってくれないかなあ。

というわけで、好きな神社のことなのに、何も知らない。 それではつまらんと思い、本を注文。 いろいろ調べていたら、なんと日本には「神社検定試験」なるものがあるっ! 流石!認定好きな日本!    でもその検定試験を勉強すると、かなり勉強になるらしいです。 神社だけでなく、日本の歴史についても。 そもそも、日本は山にも海にも、風にも、全ての自然に神様を信じる文化だったはず。

海外で生活していると、なぜが益々自分が日本人としての想いが強くなり、同時に日本という国をまったくわかっていないなあと感じます。 文化しかり、歴史しかり。まあ、日本で生まれてたった24年しか生活せずに、アメリカに移り住んでしまったし。。。。

そんなことを考えていると、私の場合は何故か、神社になるのです。 笑    個人的に神社が好きということもあるけれど、とにかく好きなことはもっと調べてみようかなという気持ちで始めます。  早く本が届かないかな!!! ワクワク

陶芸作品 

相変わらず通ってます、陶芸教室。  どんどん食器が増えていく。。。。 でも家には2人しかいない。。。。

photo 4

 

丁度良いサイズの器セット。 これお気に入り。 和やで使ってます。

photo 2 photo 1お世話になってるお友達に作った夫婦鳥付き壺(小)  渋い色合いで出来ました。 後ろに見えるのは、赤ワイン用ピッチャー。 これもなかなかお気に入り。

photo 3そして~~~  !!  これは 一緒に教室にかよっているHちゃんの顔像。  作った後、2人で大爆笑!!  でも彼女はとっても気に入ってくれたよ。  私も気に入っています。  でもHちゃんの家に行ってしまったけれどね。

陶芸、やっぱり楽しいなあ。 思ったようには出来上がらないことのほうが多いけれど、たまに上手くいくとすっごくうれしいし、失敗と思ったのが逆にいい感じで出てきたり。 おばあさんになっても続けようと思います。